↑WindowsXPユーザーの方で上に「画像ブロック」のメッセージが出ている方は、その部分をクリックしてください↑
第169号 発行:2005年09月29日(木)
トクするツーなマガジン『日刊TOK2』
HTMLメールが正しく表示されない場合は、右記URLからご覧ください。【http://tok2.com/magazine/】



 


日本各地にあるラグジュアリーなホテル、リゾート、高級旅館を ヴァーチャルにご覧いただける「極(きわみ)」。 宿泊施設のプロフィールや個性、 さらに設備についての詳細な情報も掲載いたしました。 お気に入りの宿泊施設があれば、「旅ツウ」でそのままご予約いただくこともできます。 一流宿泊施設の情報収集に、ご予約に、ご要望に応じて、「極」をご活用ください。


帝国ホテル


1890年(明治23年)、海外からの賓客を迎えるために「日本の迎賓館」として開業。115年の時を経て、今なおその高いホスピタリティを保ち続けている。本館・14〜16階のインペリアルフロアは、2年前からのリノベーションが終了。新たに開発したシモンズ製のベッドや、マイナスイオンが発生する空調機など、最新の設備を導入している。



パークホテル東京

日本で3軒目、東京では初のデザインホテルズ(※)加盟ホテル。しかし決して尖り過ぎていない、ゲストの居心地のよさを優先した秀逸なデザインだといえる。 25階のエレベーターを降りると、目の前に広がるのは34階までの吹き抜けのアトリウム。レセプションカウンターの向こうには、東京タワーが手の届きそうな場所にそびえており、広がりのある空間が構築されている。


ホテルグランパシフィックメリディアン


「東京に新しいパリの街“パリ21区”を創造したい」をコンセプトに創業したホテル。なるほど随所にパリのテイストが感じられる。パブリックスペースである回廊を利用したギャラリー、ヨーロッパから取り寄せたクラシカルなインテリアの客室…。2005年6月1日に開業7周年を迎え、「東京リゾートシーン」をテーマにした今も、ヨーロッパの趣を楽しむことができる。



ラディソン郡ホテル東京

創業26年を迎えたこのホテルは、 2005年の春に4年越しのリニューアルが一段落したばかり。 ホテルのインテリアデザインでは世界的に有名な、 アメリカのハーシュ・ベドナー・アソシエイツにデザインを依頼。 「日本の伝統と西洋のモダンのハイレベルな融合」をコンセプトに生まれ変わった。 ダークブラウンを基調としたシックな室内は、イサム・ノグチのライトなど、あたたかみのある和のアイテムで調和を図っている。

極 Pick Up


● ジ・アッタテラスクラブタワーズ
● シギラベイサイドスイート
● ラグーンスイートヴィラアラマンダ
● ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ
● 強羅花壇



オススメ情報!



配信先変更・中止【http://magazine.tok2.com/on-off.html】  発行/編集:TOK2.com

Copyright(C) tok2 ALL RIGHTS RESERVED.